遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 攻略メモ

このページについて

コナミより発売されているGB用ソフト「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」のメモです。
内容はあくまでもメモであり、間違った情報などが含まれる場合がありますのであらかじめご了承ください。
カードのパスワードはまっちゃんのアトリエさんに掲載されているのでそちらをご参照ください。

このゲームのシステム等

システム

星/生け贄召喚
OCGと同様にDM3では星(レベル)が高いモンスターの召喚には生け贄が必要となった。
星の数が5,6なら1体、7以上ならば2体のモンスターを生け贄に捧げなくてはならない。
ちなみにモンスターの星の数はOCGに準拠している。
融合
DM3では手札のモンスター同士を融合して、手札に新しいモンスターカードを加える手札融合が追加された。
ただし、手札融合したモンスターはそのターン召喚することができない。
通常の融合も同様に、融合したターンに攻撃や効果、表示形式の変更を行うことができない。(融合したモンスターは攻撃表示になる)
召喚魔族
基本的に召喚魔族の優劣関係はDM2と同じだが、新たに神魔族が加わった。
神魔族にはどの召喚魔族とも優劣関係がないため、召喚魔族によって倒されることはない。
手札補填
DM2では自分のターン開始時に5枚になるまでカードを引けたが、DM3では自分のターン開始時に1枚しかカードを引くことができない。
また、手札が既に5枚あるときはカードを引くことができない。
カード制限
DM2では同名カードを好きなだけ入れることができたが、DM3では同名カードは3枚までしか入れることができない。
また一部のカードは制限カードに指定されており、デッキに1枚しか入れることができない。
ただし、CPUにおいてはその限りではない。
パスワード
DM2ではパスワードの入力するたびにコストを消費したが、DM3ではコストは一切消費しない
また、使用条件も無いため、最初から強力なカードを入手することができる。
使わずにクリアすることも可だが、難易度は高め。
デッキコンストラクション
デュエルに勝利した時に手に入るパーツを2つ組み合わせて、独自のカードを作り出すシステム。
生け贄無しで攻撃力2000のモンスターを作り出せるため、「地雷蜘蛛」を除けば2番目に強い下級モンスターとなる。
デッキキャパシティ(DC)
DM3では、キャンペーンで1回勝負が終わるごとに勝敗を問わず5増える。

カード

魔法カード
DM2ではCPUは魔法カードを使用しなかったが、今作ではCPUも魔法カードを使用する
CPUは制限カードを考慮しないため、後半では「サンダーボルト」「心変わり」などがデッキに3枚入った対戦相手もいる。
装備魔法
DM3ではモンスターの攻撃力・守備力に関係なく、1段階につき攻撃力・守備力が500アップする。
第1エリアの梶木漁太、孔雀舞、第2エリア以降の全デュエリストが装備魔法を使用する。
ちなみにフィールド魔法はDM2と同じく攻守1.3倍である。
儀式魔法
DM2では1回使うとカードが消滅したが、DM3では何回使用してもカードが無くなることはない。
また、儀式召喚の条件も緩くなっており、指定されたモンスター1体と生け贄2体で使用することができる。
儀式召喚によって召喚されたモンスターはすべて神魔族である。
もっともDM3では儀式モンスターを直接デッキに入れることができるため、儀式魔法で召喚することはあまりない。
コントロール魔法
「洗脳−ブレインコントロール−」「心変わり」のコントロールを操作する魔法カード。どちらも制限カード。
最も攻撃力の高いモンスター1体のコントロールを奪う。「洗脳−ブレインコントロール−」はターン終了時まで、「心変わり」は永続。
敵に使われると非常に嫌なカード。でも後半のCPUは3枚入ってます。

キャンペーン攻略

ステージ1

本田ヒロト
攻守ともに350以下のモンスターのみで構築されているため、負けることはまずないだろう。
10勝ボーナスも無くなったので、あまり続けて戦う価値はない。
デッキに「サクリファイス」が入っているが、CPUは効果を使わないので気にしなくてもよい。
手に入るレアカードは「スカルライダー」
武藤遊戯
モンスターの攻撃力は500程度。普通にモンスターを展開すれば勝てる。
しかし「ブラック・ホール」が2枚入っているので、上級モンスターを無闇に召喚しないこと。
「ブラック・マジシャン」を召喚されると初期デッキでは太刀打ちできないので注意。幻想魔族をデッキに入れておくとよい。
手に入るレアカードは「ブラック・マジシャン・ガール」
梶木漁太
モンスターの攻撃力は500〜700程度だが、「海」「ポセイドンの力」で強化されるため、序盤は苦戦を強いられる。
対策として雷魔族を入れるのがおすすめ。ついでに白魔族も入れるとよい。
「要塞クジラ」を召喚されると、初期のカードプールではまったく太刀打ちできないので注意。
手に入るレアカードは「クラブ・タートル」「要塞クジラ」
孔雀舞
第1エリア最強デュエリスト。
女性型モンスターがメインで、中でも攻撃力1300の「ハーピィ・レディ」は序盤では強敵。ハーピィに対抗するために森魔族を多めに入れておきたい。
強化魔法も充実しており、「電撃鞭」「サイバー・ボンテージ」「山」を計7枚所有する。
手に入るレアカードは「デビルズ・ミラー」
城之内克也
攻守ともに武藤遊戯より強力。「草原」は1枚しか入ってないので、あまりお目にかかれない。
「ランドスターの剣士」は守備力が1200と高めなので、黒魔族を入れておくとよい。
手に入るレアカードは「ハングリーバーガー」「レッドアイズ・メタルブラックドラゴン」

ステージ2

エスパー絽場
雷魔族、機械族モンスターがメイン。土魔族をデッキに入れておくと楽。
「覚醒」「機械改造工場」「レッド・ポーション」「ファイヤー・ボール」をそれぞれ3枚所有。
「リフレクト・バウンダー」の攻撃力は1700と強力なので、白魔族は常に手札に温存しておきたい。
他にも、生け贄1体で召喚される「魔導ギガサイバー」「人造人間−サイコショッカー」が強敵。「機械の兵隊」を融合召喚されることもしばしば。
手に入るレアカードは「ゼラ」「人造人間−サイコショッカー」
ダイナソー竜崎
攻撃力1000〜1500程度の恐竜族モンスターがメイン。
「体温の上昇」「猛獣の歯」「荒野」をそれぞれ3枚所有。
強化されると非常に苦労するので、風魔族モンスターは多めに入れておきたい。
「ブラキオレイドス」はフィールド補正で化けるので、「荒野」以外のフィールドカードで打ち消せるようにしたい。
手に入るレアカードは「ヤマドラン」
インセクター羽蛾
攻撃力1000〜1500程度の昆虫族モンスターがメイン。
「火器付機甲鎧」「レーザー砲機甲鎧」「森」を計7枚所有。
ダイナソー竜崎同様、強化されると非常に苦労するので、炎属性のモンスターは多めに入れておきたい。
羽蛾のモンスターはほとんど森魔族なので、炎魔族を出しておけば勝てる。ただしデッキに3枚入っている水魔族には注意。
「進化の繭」「完全究極態グレートモス」を出すこともあるが、これも炎魔族で対抗可能。
手に入るレアカードは「完全究極態グレートモス」「ジャベリンビートル」「インセクト女王」
レアハンター
エクゾディアデッキ。エクゾディアパーツが揃う可能性は低いが、ごく稀に揃ってしまうので侮れない。
「サンダー・ボルト」「火あぶりの刑」をそれぞれ3枚所有。
攻撃力は1000程度だが、壁モンスターの守備力が1800〜2000のため、壁モンスターの弱点の風・水魔族で攻めたほうがよい。
なお、壁モンスターは裏向き守備表示でも攻撃することはない。
対抗カードは「レッグル」(対風魔族)など。
手に入るレアカードは「スーパー・ウォー・ライオン」「ダンシング・ソルジャー」
奇術師パンドラ
攻守1000〜1500程度の黒魔族モンスターがメイン。
「闇エネルギー」「闇」をそれぞれ3枚所有。
魔法はそれほどを使用しないので、「ブラック・マジシャン」などを生け贄召喚される前にライフポイントを0にしたい。
対抗カードは「ランプの魔人」(対幻想魔族)など。
手に入るレアカードは「チャクラ」「キラー・パペット」
海馬瀬戸
第2エリア最強。原作再現デッキ。主力は攻撃力1800の「ランプの魔精・ラ・ジーン」
「火あぶりの刑」「ドラゴンの秘宝」をそれぞれ3枚所有。
「ジャッジ・マン」「青眼の白龍」は白魔族なので、黒魔族を多めに入れておくとよい。
手に入るレアカードは「トライホーン・ドラゴン」「エビルナイト・ドラゴン」

ステージ3

シモン・ムーラン
双六互換キャラ。攻撃力1500〜1600程度の白魔族がメイン。
「シャイン・キャッスル」「ウイルスカード」「洗脳−ブレイン・コントロール」「六芒星の呪縛」を3枚、「治療の神ディアン・ケト」を1枚所有。
ステージ2に比べると装備魔法は少なくなったが、除去魔法やコントロール魔法が充実しているため苦戦を強いられる。
黒魔族を揃えるのもよいが、コンストラクションで攻撃力2000のモンスターを用意しておきたい。
対抗カードは「月明かりの乙女」(対黒魔族)など。
手に入るレアカードは「ローガーディアン」「デュナミス・ヴァルキリア」
イシズ
第3エリアの中で唯一時代が違う人。攻撃力1500〜1900の魔法使い族モンスターがメイン。
「巨大化」「ブラック・ホール」「光の護封剣」「六芒星の呪縛」をそれぞれ3枚所有。
「ジェミナイ・エルフ」「ダーク・エルフ」など攻撃力1900↑のモンスターが強力。
召喚魔族はバラバラだが、上記のモンスターの弱点である黒・幻想魔族はとりあえず用意しておきたい。
「光の護封剣」を使われると3ターン攻撃できないので、デュエルが長引くことを覚悟しよう。発動中に神魔族の「コスモクイーン」を召喚されると最悪。
手に入るレアカードは「コスモクイーン」「パンサーガール」
ヘイシーン
真DMからこんにちは。攻撃力1600程度の悪魔魔族モンスターがメイン。
「巨大化」を3枚、「サンダー・ボルト」「光の護封剣」を2枚所有。
「サンダー・ボルト」が厄介だが、イシズやシモンに比べると攻撃力が低めなので楽。
白魔族を召喚しておけば、神魔族以外は簡単に倒すことができる。
手に入るレアカードは「ガルマソード」「ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン」「サイバティック・ワイバーン」
セト
海馬瀬戸互換キャラ。海馬瀬戸のデッキに除去・コントロール魔法が追加されたようなもの。
「巨大化」「心変わり」「サンダー・ボルト」「ブラック・ホール」をそれぞれ3枚所有。
情けないことに生け贄召喚されたモンスターの方が弱いこともしばしば。
手に入るレアカードは「青眼の究極竜」「鉄扇の舞闘士」

ラスボス

カード魔神
ラストボス。迷宮兄弟のDNAを受け継いだようなデッキを使用する。
「サンダー・ボルト」「光の護封剣」「巨大化」「闇の呪縛」「心変わり」「洗脳−ブレイン・コントロール」をそれぞれ3枚所有。
ここでも生け贄召喚されたモンスターの方が弱いため、セトと同じ作戦が有効。
所有レアカードは「絶対防御将軍」

四天王+カード魔神・真の姿

闇・遊戯
モンスターは原作で使われたカード+OCGのEXに収録されていたカードで構築されている。まさに原作準拠デッキ。
「巨大化」「サンダー・ボルト」「心変わり」をそれぞれ3枚、「光の護封剣」を2枚所有。
所有レアカードは「マジシャン・オブ・ブラック・カオス」「ヘルゲート・ソード」「タルワール・デーモン」
闇・獏良
発売当初の時点では原作の闇獏良はデュエルを行っていないため、今作ではオカルトデッキではなくドラゴンデッキを使用する。
攻守ともに最高クラスのモンスターを多数所有しており、魔法も「巨大化」「サンダー・ボルト」「光の護封剣」「心変わり」をそれぞれ3枚所有。
「メテオ・ブラック・ドラゴン」は神魔族ではないものの、攻撃力3500と最高クラスである。
万が一のために水魔族をデッキに入れておきたい。
所有レアカードは「闇と光の仮面」「サウザンド・アイズ・サクリファイス」
シャーディ
攻守1550〜1850程度のモンスターがメイン。召喚魔族はバラバラ。
「巨大化」「心変わり」をそれぞれ3枚、「サンダー・ボルト」「闇の呪縛」をそれぞれ2枚所有。「光の護封剣」は入っていないので、戦闘が長引くことはあまりないだろう。
所有レアカードは「千年原人」「ガーネシア・エレファンティス」
マリク
頭部を絞めつけるモンスターも、精神にダメージを与える翼神竜もいません。
「地雷蜘蛛」を初めとした攻撃力の高いモンスターを多数所有する。
もちろん「巨大化」「サンダー・ボルト」「光の護封剣」「心変わり」はそれぞれ3枚所有。
所有レアカードは「サクリファイス」「タロンズ・オブ・シュリーレン」
カード魔神・真の姿
基本的にはカード魔神に魔法カード等を追加したデッキだが、「地雷蜘蛛」などが入っておらず、下級モンスターよりも上級・最上級モンスターの方が多い歪な構成となっている。
「ウォール・シャドウ」といい、「ゲートガーディアン」といい、迷宮兄弟のカードを適当に入れた印象が拭えない。
「巨大化」「サンダー・ボルト」「光の護封剣」「洗脳−ブレイン・コントロール」「心変わり」「闇の呪縛」をそれぞれ3枚所有。
所有レアカードは「ゲート・ガーディアン」「異星の最終戦士」

必須カード

モンスター

コンストラクションモンスター
★:〜4 攻撃力:〜2000 守備力:〜2000 コスト:20〜40 種族:?
コンストラクションを用いることで、攻撃力2000のモンスターを追加することができるのは魅力的。
フィールドに合うカードを10枚は作っておきたい。
地雷蜘蛛
★:4 攻撃力:2200 守備力:100 コスト:23 種族:昆虫/森魔族
コンストラクションモンスターを超える唯一のレベル4モンスター。
守備力の低さゆえにコストも低く、「森」フィールドでは「ビッグ・シールド・ガードナー」さえも破壊することができる。
カード魔神、闇・獏良、マリク、カード魔神・真の姿から入手可能。
進化の繭
★:3 攻撃力:0 守備力:2000 コスト:60 種族:昆虫/森魔族 効果:自分のターン開始時にグレートモスへ変身する
壁モンスター。次のターンには「グレートモス」、その次のターンには「完全究極態グレートモス」と一気に強力カードに変身するのが特徴。
さらに守備力が高いため、1ターン目に出されると「地雷蜘蛛」以外では補正無しで破ることができない。
インセクター羽蛾から入手可能。確率は低い。
ビッグ・シールド・ガードナー
★:4 攻撃力:100 守備力:2600 コスト:27 種族:戦士/土魔族
鉄壁の壁モンスター。1ターン目に出すと、「森」フィールドでの「地雷蜘蛛」以外で破ることはできない。
ただし、「『守備』封じ」を使われると、攻撃力100のザコモンスターになるので注意。
武藤遊戯、闇・遊戯、闇・獏良から入手可能。
闇晦ましの城
★:4 攻撃力:1200 守備力:2500 コスト:37 種族:悪魔/黒魔族 効果:フィールドを闇にし、他の味方モンスターを全て伏せカードにする
原作で闇のPKが使用していたカードは、DM2まではパワーダウン後の能力だったが、DM3・DM4ではパワーダウン前の能力となっている。
「ビッグ・シールド・ガードナー」に劣るものの、守備力の高さは魅力的。
さらに効果を使うことでフィールドが「闇」になるため、さらに守備力がアップする。このとき攻撃表示になってしまうのが欠点だが……。
闇・獏良、シャーディ、マリクから入手可能。
クリボー
★:1 攻撃力:300 守備力:200 コスト:5 種族:悪魔/黒魔族
このモンスター単体では白魔族を倒す程度にしか使えないが、「増殖」を使うことでフィールドをクリボーで埋め尽くすことができる。
「増殖」共にコストが低いので、デッキキャパシティの節約にもなる。
本田ヒロト、武藤遊戯から入手可能。
サクリファイス
★:1 攻撃力:0 守備力:0 コスト:255 種族:魔法使い/神魔族 効果:デュエル終了時まで、相手フィールドの攻撃力が最も高いモンスターのコントロールを得る。サクリファイスは消滅
直接召喚すればモンスター版「心変わり」。
完全上位互換の「サウザンド・アイズ・サクリファイス」がいるため、4枚目以降の「サウザンド・アイズ・サクリファイス」となるか。
マリクから入手可能。確率は非常に低い。
サウザンド・アイズ・サクリファイス
★:1 攻撃力:0 守備力:0 コスト:255 種族:魔法使い/神魔族 効果:デュエル終了時まで、相手フィールドの攻撃力が最も高いモンスターのコントロールを得る。そのモンスターは2段階強化された状態である。サウザンド・アイズ・サクリファイスは消滅
直接召喚すれば「心変わり」+「巨大化」2回分。コストは非常に高いが「心変わり」よりもお得。
相手の最強モンスターを奪うだけならまだしも、2段階強化は極悪。
正規の手順で召喚して効果を使おうとすると、「ダーク・アイズ・イリュージョニスト」「イリュージョンの儀式」「千眼の邪教神」「闇晦ましの城」と生け贄2体が必要。まず無理です。
闇・獏良から入手可能。確率は非常に低い。
死者の腕
★:2 攻撃力:600 守備力:600 コスト:12 種族:アンデット/悪魔魔族 効果:相手フィールドの攻撃力が最も高いモンスターを破壊する。死者の腕は消滅
モンスター単体では幻想魔族を倒す程度にしか使えないが、相手モンスターを1体破壊できる能力は強力。
コストも低いので手軽に入れることができる。
梶木漁太から入手可能。
沼地の魔獣王
★:4 攻撃力:1000 守備力:1100 コスト:21 種族:水/土魔族 効果:フィールドに出ている全てのモンスターを破壊する。
モンスター版「ブラック・ホール」
低コストかつ、敵モンスターを一掃することができるのは強力。
しかし、このターンは自分のフィールドが空になってしまうため、「光の護封剣」や罠がなければダイレクトアタックを受けてしまう。
インセクター羽蛾から入手可能。
カタパルト・タートル
★:5 攻撃力:1000 守備力:2000 コスト:20 種族:水/水魔族 効果:味方フィールドの攻撃していないモンスターを破壊し、対戦相手にそれらのモンスターの攻撃力の合計分のダメージを与える。
生け贄が必要だが、場のモンスターを直接ダメージに変換できる点は強力。
遊戯・闇遊戯から入手可能。
闇魔界の覇王
★:5 攻撃力:2600 守備力:2300 コスト:49 種族:悪魔/悪魔魔族
謎のパワーアップによって「デーモンの召喚」の存在価値を無くしたカード。
次点は「サイバティック・ワイバーン」だが、機械族はフィールド強化できないので微妙。
カード魔神・真の姿から入手可能。
青眼の究極竜
★:8 攻撃力:4500 守備力:3800 コスト:255 種族:ドラゴン/神魔族
「カオス・ソルジャー」「ゼラ」をはじめ、他のすべての最上級モンスターの存在価値を無くしたカード。融合したとたん"龍"から"竜"に変わる奇妙なドラゴン。
コストは重いが、召喚魔族で破壊されない点が強力。「クリボー」「増殖」を使えば2ターン目に召喚可能。
正規の手順で召喚するには「究極竜の儀式」「青眼の白龍」3体とその召喚に必要な生け贄6体が必要。まず無理です。
セトから入手可能。確率は非常に低い。

魔法・罠

各種フィールドカード
装備魔法に比べるとコストが低く、なおかつ攻守1.3倍は魅力的。
相手にも反映されるのが欠点だが、同一フィールドでなければ相手のフィールドを打ち消すのにも使える。
基本的に「地雷蜘蛛」「進化の繭」の森か、「闇晦ましの城」「闇魔界の覇王」の闇の二者一択となるだろう。
爬虫類、機械、天使族はフィールドカードではパワーアップ不可。そもそもこれらの種族に強力モンスターはいませんが。
フィールドを変える効果モンスターは「岩石の巨兵」(格闘場)「闇晦ましの城」(闇)以外生け贄が必要。
巨大化
コンストラクションで作成したモンスターを強化できる唯一の装備魔法。
デッキキャパシティに余裕があるのならば入れてもよい。
サンダー・ボルト
最強の除去カード。OCGでは現在禁止カード。
制限カードの中でも最も強力。すべての相手モンスターを破壊する。
CPUはこれを3枚使ってきます。
ブラック・ホール
劣化「サンダー・ボルト」だが、「サンダー・ボルト」が制限カードなので、2枚目の「サンダー・ボルト」として使われる。
フィールドのモンスターをすべて破壊し、がら空きとなったフィールドにモンスターを召喚してダイレクトアタックしたい。
洗脳−ブレイン・コントロール
劣化「心変わり」。原作ではこっちの方が早かったのですが。
次のターンにはコントロールが戻るが、生け贄に捧げておけば戻ることはない。生け贄空打ちでも可。なので、「心変わり」と大して変わらない。
心変わり
OCGのVol.5で登場した最強コントロール奪取魔法。OCGでは現在禁止カード。
後半のCPUは3枚所持がデフォルト。
強欲な壺
空いた手札を補填してくれる魔法カード。OCGでは現在禁止カード。
インフレの激しいこのゲームでは地味だが、カードゲームにおける手札補填カードは強力。
光の護封剣
使われただけで3ターン戦闘が長引いてしまう魔法カード。
後半のCPUは3枚所持がデフォルトなので、最大9ターンは長引かされる。
万能地雷グレイモヤ
攻撃してきたモンスターを容赦なく破壊。
CPUは罠カードを使用せず、裏向き守備表示にしていると、壁以外はすぐに引っかかってくれます。
「ハーピィの羽箒」がなければ1ターン攻撃封じ。
硫酸のたまった落とし穴
攻撃してきた攻撃力3000以下のモンスターを破壊。
CPU相手だとこの程度で十分。コストも低く、エリア3のデュエリストから手に入る。
「トラップ・マスター」も出してくれるが、プレイヤー相手だと罠がばれるため、1回分の牽制にしかならない。

制限カード


戻る